【名付けのポイント その2】

07月24日(月)の命名アドバイス 内容は 毎日更新! お気に入りに追加 することで簡単にチェック!

名づけに使う漢字の読みは本当に自由なのでしょうか?

命名アドバイス名前に使える漢字には制限がありますが、読み方を制限する法律はありません。ですが、受理する役所により変わった読みは受理されない場合もあります。

漢字の読みには「訓読み」「音読み」「名のり」があります。

ここ数年の傾向でよく使われる「当て字」は正式な読みではありません。変わった読み方・どうやっても読めない読み方の名前もたくさん受理されています。

しかしいくら自由とはいえ、ふりがなをふっても
「絶対にこうは読めない!」
と思われるお名前は名前を正しく読んでもらえずにお子様が苦労したり、漢字を学習していくうちに漢字の読みが間違っていると気がつく場合もあります。

何か特別な理由がない限り、ありえない読み方はなるべく避けたほうがよいと思います。
(当社ではお客様のご希望があれば当て字で漢字をお探しいたします)

こだわり命名専門家指定で命名プレミアム限定サービスの特殊条件に「当て字も希望」と入力してお申しこみください。
達人の命名は赤ちゃんの名前の姓名判断と名付けサービスを初めてオンラインで提供した信頼と実績のある老舗です